ビットフライヤーで口座開設を考えている方へ

最近は仮想通貨といえば世間一般的には落ち着き始めた感じですが、まだまだ仮想通貨を始めてみたい!と思っている人は多いでしょう。

 

 

仮想通貨を扱っている販売所・取引所はたくさんありますが、そんな中ビットフライヤーというサイトで口座開設を検討している方は多いはず。

 

 

知名度も高いですし、CMなどでも見かけますし安心感がありますよね。では、ビットフライヤーではどのような手順で口座を開設すればいいのでしょうか?

 

 

「仮想通貨」となると複雑な感じがすると思ってあきらめていませんか?実は数分あれば口座開設ができ、しかもスマホからでもとても簡単ですのでご安心ください!

 

 

ココでは実際に私が口座開設をしてみたので、詳しく解説していきますので登録方法などが心配な方は参考にしてください。(スマホからの登録方法になります)

 

 

ビットフライヤーで口座開設をする方法

ちなみに口座開設をする方法として、まずはホームページからする方法とアプリ版からする方法の2パターンがありますが、どちらも似たような感じです。

 

 

ココではホームページから口座開設をする方法をご紹介していきます。約7分ぐらいあれば可能だと思いますので、是非チャレンジしてみてくださいね!

 

 

では、まずホームページへアクセスしてみましょう。続いて下の方にスクロールするとメールアドレスの入力欄がでてきますので、こちらに現在お使いのメールアドレスを入力します。

 

 

 

 

メールアドレスはヤフーメールなどフリーメールアドレスも可能ですので、受信さえできればOKと言った感じでしょうか。メールアドレスを入力後、アカウント作成ボタンをタップします。

 

 

作成ボタンを押したら画面が切り替わり「メール認証」という画面が表示されていると思います。では一旦こちらの画面は置いといて、先ほど入力したメールアドレスの受信ボックスへ行ってみましょう。

 

 

私の場合はヤフーのフリーメールを使っていますので、ビットフライヤーからメールが届いていることを確認します。

 

 

 

 

確認できましたね!もしメールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをチェックする、などの対応をしましょう。では早速ビットフライヤーのメールをチェックします。

 

 

 

 

確認メールは以下のような内容となっています。

 

URL
リンクをクリックすると登録画面になりますが、リンクをタップできない場合もあります。その場合は下のキーワードによる認証方法を行いましょう。

 

キーワード
英数字の変な文字列みたいなものです。アカウント作成時に利用します。

 

初回パスワード
こちらはサイトへログインする為のパスワードです。パスワードは後から変更可能です。

 

 

URLがタップできる状態ならば、タップをすればすぐに登録が可能ですがリンクがタップできないようになっている場合は「キーワード」をコピーをしましょう。ちなみに、私の場合はタップできないようになっていました。

 

 

では、先ほどの画面に戻ってみます。入力ボックスに先ほどメールに届いた「キーワード」を入力します。キーワードを入力後、アカウント作成をタップします。

 

 

 

 

タップすると以下のページになります。全てをパスして「bitFlyerをはじめる」をタップ!と言いたいところですが、実はタップできないようになっているのです。

 

 

 

 

タップできるようにするには文字の左側の部分にチェックボックスがあるのでチェックをする必要があります。このチェックボックスにすべてチェックを入れて、ようやくタップができるようになります。

 

 

チェックボックスにチェックを入れると「bitFlyerをはじめる」のボタン色が若干変化しますので、変化するとタップができるようになっています。

 

 

「bitFlyerをはじめる」をタップすればその後は「二段階認証の画面」へと移ります。認証アプリを使う、もしくは携帯電話のSMS(ショートメール)かメールアドレスの方法が選べます。

 

 

二段階認証についてはいつでも方法を変更できますが、ココでは比較的簡単な携帯のSMSを利用してみます。まずは「携帯電話のSMSで受取る」をタップしましょう。

 

 

 

 

すると「携帯電話番号の登録画面」になります。入力ボックスに携帯電話の番号を入力し、次へをタップします。

 

 

 

 

すると「確認コードを送信しました」と表示されるので、確認コードを以下のボックスに入力します。ちなみにiPhoneの場合は画面の上に通知が来ますので、分かりやすいです。

 

 

 

 

また確認コードはアイフォンの場合「メッセージ」からでも確認できます。もし分からない、また届かない場合は「確認コードを再送信する」というリンクをタップするといいでしょう。

 

 

確認コードを入力後、認証するをタップ。ちなみに、ココで認証メールが送られてからある程度時間が経ってしまうと、認証できないことがあります。その場合は再送信して、新たな確認コードを発行しましょう。

 

 

続いて二段階認証をどのアクション時に使用するかを決めます。全てチェックしたら面倒な部分もありますが、セキュリティ的にはお勧めですので、ココではすべてチェックしてみましょう。

 

 

 

 

※後で変更も可能です。

 

 

全てチェックしたら「二段階認証を設定する」をタップ。その後完了画面が表示されるので、完了をタップします。これでまずは無料登録の方が完了しました。登録完了後は、資産状況の画面になります。

 

 

 

ちなみにこの無料登録をした状態は「ウォレットクラス」という状態です。資産状況の画面より下にスクロールすると「アカウント情報」の部分に記載されています。

 

 

 

 

この「ウォレットクラス」という状態では、ビットコインなど仮想通貨を購入することは出来ない状態になっています。恐らく皆さんは仮想通貨を購入したい!と思っている人が大半でしょう。

 

 

ですので、ビットフライヤーでビットコインなどを買ったり売ったりしたい!と思うのであれば、このウォレットクラスを「トレードクラス」というアカウントにする必要があります。

 

 

また、ウォレットクラスとトレードクラスの違いは以下の通りとなっています。ご利用シーンに応じて臨機応変に対応するといいでしょう。

 

 

 

アカウントをトレードクラスに変更する!

ではトレードクラスにしてみましょう。とても簡単ですのでチャレンジしてみてくださいね!まずはアカウント情報より、未入力の部分を埋めていきましょう。

 

 

 

 

未入力の部分をタップすると入力画面に切り替わります。まずは順に「ご本人情報の登録」(未入力)となっていますので、入力をしていきます。

 

 

 

 

利用する方の名前、生年月日、住所、電話番号と項目が用意されているので、項目に沿って入力していきます。尚、郵便番号を入力後、下の自動入力というボタンをタップすると、住所が自動で入る仕組みになっていますので便利です。

 

 

全て入力が終わったら「登録情報を確認する」というボタンがありますのでタップ。すると「ご本人情報登録」という画面になりますので、内容が正しければ「ご本人情報を登録する」をタップ。

 

 

登録をタップすると「続けて本人確認資料を提出する」というダイアログが表示されますので、そのままタップしましょう。もちろん後で提出することも可能です。その場合は「ホームに戻る」というボタンを押すだけ。

 

 

 

 

ココでは次に進めたいと思います。次は「ご本人確認資料の提出」ということで、本人確認のための資料提出が必要になってきます。

 

 

 

 

ココで選択できるのは以下の通りです。

 

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国公的書類

 

 

結構な種類が用意されていますが、まずほとんどの方が「運転免許証」か「健康保険証」だと思います。住民票の写しなどわざわざ住民票を貰いに行って写しを作って…となると手間かかりすぎですよね。

 

 

今回は「運転免許証」で提出したいと思います。まずは「提出書類の種類」より「運転免許証」を選びましょう。すると「表面」「裏面」と表示されていますね。

 

 

 

 

免許証のイラスト部分をタップするとアイフォンの場合、写真を撮る、フォトライブラリ、iCloudの中より選択できます。

 

 

 

 

写真を用意している方は、フォトライブラリやiCloudより選択するといいのですが、なかなか事前に用意している人は少ないでしょう。そこでこのまま撮影してみましょう。

 

 

写真を撮るをタップするとカメラが立ち上がりますので、免許証をそのまま撮影するだけ。ただ、家の中で夜などは光が反射して影が出来たりするので、撮影しにくいです。

 

 

出来るだけ昼間などに撮影するのがいいでしょう。その方がスムーズにできます。撮影するとその写真がそのまま挿入されるので、表面、裏面の撮影が終わると下にある「ご本人確認資料を提出する」をタップ。

 

 

 

 

タップするとボタンが「アップロード中」という文字に変わります。アップロード完了後「ご本人確認資料を受付けました」という文字が出ると完了です。

 

 

では、一度上の「bitFlyer」というロゴの左横にある「メニュー」をタップしてホームを選択してみましょう。

 

 

 

 

ホームを選択すると先ほどのアカウント情報のページに移動できます。アカウント情報を見てみると「ご本人確認資料の提出」が承認待ちという表示に切り替わっていると思います。

 

 

 

 

このように表示が切り替わると数日待ってもいいのですが、まだ入力していない部分がありますので、時間があれば残りの項目も入力してみましょう。今回は進めていきたいと思います。

 

 

次は「お客様の取引目的等のご確認」という部分です。未入力となっているのでタップします。

 

 

 

 

ココはとても簡単。外国の重要な公人、職業、取引の目的とありますのでチェックボックスをタップしてチェックを入れて完了させましょう。

 

 

「取引の目的について」で迷う方も多いかもしれませんが、私は「投資のため」にしました。複数回答可能ですので、不安なら複数チェックをつけておくといいでしょう。

 

 

 

 

全てチェックし終えたら「入力する」をタップ。すると「書留郵便を郵送します」というダイアログが表示されるので、そのまま「お取引目的等を提出する」をタップしましょう。

 

 

 

 

登録完了後はホームに戻ってみましょう。アカウント情報を確認すると「お客様の取引目的等のご確認」が完了に変わっていますね。

 

 

 

 

では残りの「携帯電話認証」も行いましょう。横の未入力をタップすると認証画面に移ります。

 

 

 

 

電話番号を入力(最初から入っている場合はパス)し、注意事項を読んで下の「携帯電話認証をする」をタップ。

 

 

 

 

タップすると認証番号を入力する画面になりますので、SMSで送られてきた番号を入力します。

 

 

 

 

これで携帯電話認証は完了です。ホームに戻ってアカウント情報をチェックしてみましょう。携帯電話認証の部分が「承認済」と変化していると思います。

 

 

 

 

これで一通りの入力は完了しました。お疲れ様でした!後日、書留郵便が来るまで待ちますが、私の場合は約1日経過した時点で「ご本人情報の登録」が入力済みと変化しておりました。

 

 

 

 

 

また同時に「転送不要書留郵便のお受取」の欄が「発送済」となっており、恐らく本人確認が済んだ状態でハガキが発送されるものと思われます。ちなみにこれで「トレードクラス」に変更することができました。

 

 

アカウントクラスの部分についても変更になっていると思われますので、ご確認下さい。

 

 

ビットフライヤーに登録後、ついにハガキが届いた!

その後2日経ってハガキが届きました。ですので全ての項目を登録後、約3日ぐらいでハガキが来ると思われます。どんな物かなと思っていたら、なんとペラペラのハガキでした(笑)

 

 

またアカウント情報では「転送不要書留郵便のお受取」の欄が「受取済」となっていますね!これで登録がすべて完了しました!誰でもできるので、是非トレードクラスにしてみましょう。

 

 

では、その後は実際に入金などをしてビットコインなど仮想通貨を購入したり、仮想通貨FXでの投資をしたりすることも出来ますが、まずは入金をしないと始まりませんよね。

 

 

ですので入金をしてから仮想通貨を購入しましょう。